最悪・・・

パリ最終日の土曜日の朝、午後にはドイツのベルリンに飛行機で移動するので、凱旋門と


IMG_5994_201510260133377ea.jpg




シャンゼリゼ通りを軽く観光しました。


IMG_5997_20151026013335b81.jpg



IMG_5999_20151026013334b14.jpg




ホテルの最寄りの駅に着いて、出口に出ようとエスカレーターに乗ってたら、


緊急停止し、手すりを握ってなかったので、前につんのめってしまいました。


幸い、前にはツアー仲間の男性が立っていたので、彼の足にしがみついて、こけずに済んだのですが、


若いジプシーの女の子2人が、わざと停止ボタンを押したようで、フランス人の男性が彼女達に怒っていたのですが、


その後、通りに出てから、その男性に「荷物をすられてないか見てみた方が良い」と言われ・・・、






「お財布ある!」と安心したのは、つかの間、


なんと、パスポート、グリーンカード、USドルのキャッシュの入ったポーチを抜き取られていました。


4時間後には飛行機に乗らないといけないのに呆然・・・。


前日までは持ち歩いていなかったのに、この日はチェックアウトしてから出かけたので、手荷物に入れていたんです。





直に駅に戻って、現金だけ取ってパスポートを捨てていないか全部のゴミ箱を見ましたがなく、


反対路線のホームに向かっていたので、次の電車に飛び乗ったのでしょうね。





それからが、大変、


他のメンバーが一緒に警察に行くと言ってくれましたが、彼らまで乗り損なわせる訳には行かないので、


1人で警察に行き、盗難届を出しましたが、同じようにスリの被害にあった人で溢れてるのに、


手続きしてる警察官は一人・・・。


延々待たされ、警察内のトイレは使わせてくれないし、


死にそうな目に合いました。





日本大使館の緊急連絡先に電話するも、「月曜まで閉館だから何も出来ない。月曜日に来て、普通に申請して下さい」って(涙)


緊急事態なのに、「半年以内に取った戸籍抄本に・・・、」って無理でしょう(涙)





ホテルに戻れたのは、フライト時間の後、


メンバーは「列車ならパスポート無しで国境を越えられるから、パリに残っても月曜まで何も出来ないし、宿もないからベルリンに来たら?」と全員が激励の手紙を残して、発った後でした。


最初は飛行機を変更すると言ってくれていましたが、そんなことさせたら余計申し訳ないので、発ってくれてて良かった。





ブログからコメントを下さったパリ在住のMさんにも、電話させて頂き、アドバイス&慰めてもらい、


少し気が晴れたので、頑張って列車の駅に向かいました。


IMG_6000_20151026013341509.jpg




窓口でベルリン行きの列車の切符を買おうとするも、「本日のこれからある2便は満席、明日の朝の9時なら空いてる」と言われ、


まるで「世界、こんな所に日本人」のゲストの気分、


ホームレスのように駅で夜明かしをするのも無理なので、「なんとか他に方法はないか?」と粘ると、


「途中のKolin行きまでならある。そこでまたベルリン行きを買え」と言われ、


まさに「こんな所に日本人」のナレーションとBGMが頭の中に流れました〜。





と言うことで、切符をなんとか購入、


IMG_6001_20151026013448bb3.jpg




Kolinまでは3時間の旅、なかなか良い席で、


IMG_6003_201510260133551e9.jpg


隣の席のフランス人女性は、アメリカに住んでいたことがあるそうで、


話を聞いて、途中の駅で降りる時には、のど飴の残りを全部下さいました。





Kolinからベルリン行きの切符は夜遅いせいか、券売機でしか買えず、


行き先を「ベルリン」と入れると山ほど候補が出て来て、選ばないといけなくてお手上げ、


隣の男性に助けを求めたら、なんと日本人で親切に手伝ってくれました。





次の列車はなんと片側3層の寝台車!


IMG_6004_2015102601345289b.jpg


一番安い席は売り切れで、二番目に安いのを選んだらこれでした。


IMG_6005_20151026013452a1d.jpg


ここに寝て、夜22:28発、ベルリン着早朝の4:22着、


駅では親切な方が「今夜2時にサマータイムが終わるから気を付けてね」と教えてくれ、


(会う日と会う人に、なんで列車に乗ってるか愚痴ってたので)


更にホームでは同情してくれた男性からコーヒーまで奢ってもらい、


スーツケースも列車に乗せるのも手伝って下さり、


辛い目にはあったけど、他人の親切も身にしみました。





しかし、2度あることは3度あると言いますが、


ベルリンで降り損なわないように、スマホをセットしていたのですが、


スマホはしっかり夏時間から自動的に切り替わったのに、列車の到着時間は夏時間のまま、


本当の時間より、1時間早く着き、もう少しで降り損なうところでした。


車掌さんが降りて来ないのに気付いて呼びに来てくれたので、ギリギリセーフでした。


普通、公共交通機関なら本当の時間で表示してよ〜。





それでもなんとか無事にホテルで皆と合流出来ました。


みんなも私を置いて去って凄く心苦しかったようで、本当に迷惑をかけて申し訳ない気持ちで泣きそうです。


後からお邪魔させてもらったメンバーだっただけに、迷惑だけはかけたくなかったのに。


ホテルではなかなかWIFIに繋がらず、パスポート再発行のための準備が出来ずイライラ、


なんとか月曜の朝までに出来ることはしたので、今やっとこれを書いています。






長くなりましたが、パスポート、グリーンカードの再発行がどうなるのか全く不明、


明日朝一番に日本大使館とアメリカ大使館に行ってみます。


火曜日に予定通りにみなと一緒に発つのはほぼ無理な気がしますが、


なんとか頑張ります・・・。


ユーロも残り少ないのに、ベルリンでホームレスになったらどうしよう・・・。







ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。



こちらも、ぽちっと。


北アメリカ(海外生活・情報) ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

大変な目に遭われていて、とても心配です。
どうか無事に御自宅に帰られるよう、祈っています。
もし自分がそんな状況に遭ったら・・・と考えたら、心臓がドキドキしてきました。
そんな手を使って盗みを働くなんて驚くばかりです。

kuraraさん

暖かいお言葉、ありがとうございます。
警察で待ってる間、他の人の被害を聞いていると、相手は本当にプロなんだと驚きました。みな全く気付かなかったそうです。

海外旅行初心者の頃は、ガイドブックにあるようにパスポートのコピーを取ったり、現金は分散していれたり、鞄も前掛けにしたりいろいろ気を付けていたのに、悪い意味で旅慣れてしまったと大反省です。

また一人旅ならもっと注意するのに、男性も3人、合計6人なので、油断していた点もありました。あ〜してたら、こ〜しなかったらと反省と後悔の嵐です。

No title

わぁ。そんなに沢山の被害者が出てるのに政府はもっと治安対策に力をなぜ入れないんでしょう?

無事に必ず帰れます!!
心細いとは思いますが視点を変えて旅を楽しんでください!

No title

ぴよさん、折角のパリ旅行で大変な目にあってしまいましたね、、、。今はただただ無事にアメリカに入国出来る事をお祈りしてます。

見知らぬ土地で大変だと思いますが、頑張ってくださいね!

No title

いつもブログを拝見しております。
アメドラやアメリカの料理番組が大好きな私。
ぴよさんのベイキングの記事が大好きで、大きい素敵なキッチンに大きな道具達、材料。同僚の方に差しいれるパンの多さ!わくわくしながら見てます。

どうか今回の困難(もしくはチャレンジ?)がうまく乗り越えられますように。
日本からお祈りしています。

No title

ひとりで残ってパリの警察で対応なさって、電車の切符も買ってすごい!!
パスポート早く発行されますように。

焦っても仕方ないと思うので美味しいワインを飲んで、しっかり寝て怪我がないようになさってください。
助けに行きたいです!!

No title

まじすか!
うーん、気の利いた言葉が出てきませんが、ここは気合で乗り切るしかないすね!

気合だ〜!

No title

物凄いことになっていますね。何もお手伝いできないのが歯がゆいです。日本人って、結構世界中で詐欺のカモになりやすい。僕も、スペインの路上で、いろいろと絡まれましたが、警察官が来てくれて難を逃れました。それにしても、グリーンカードやパスポートの紛失は痛いです。やっぱり、ご主人に連絡して、こちらの弁護士などからそちらの大使館に連絡を取ってもらった方がいいかも。
プロフィール

ぴよ@TX

Author:ぴよ@TX
テキサス州サンアントニオ在住、山村留学に行っていた3男も戻り、家族揃いました。美味しい物さえ食べていれば幸せなお気楽主婦です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めサイト
トリップアドバイザーのお勧めブログに掲載して頂きました。