知ってたはずなのに・・・。

日頃、英単語だと思い込んでいる言葉が、実は和製英語や他の外国語ってことがよくあります。


例えば、栗の「マロン」はフランス語で、英語だと「チェスナット」と言わないと通じません。


「バイク」と言えば、日本じゃ自動二輪ですが、こちらでは「自転車」です。






昨日、お友達から「出先で車のエンジンがかからなくなった!」と救援連絡!


お友達は保険会社に電話したり、トーイングカーを呼んだり、大変だったよう。


トーイングの人から、「ハンドルロックがかかっているだけ」と言われ、その人がいじったらエンジンがかかったそうです。


それでも怖いので、ディーラーに一応持って行くとのことで、


私も修理が必要なら、レンタカー会社まで送るつもりで、ディーラーで合流しました。





二人で、受付のお姉さんに「ハンドルロックのせいだと言われた」と一生懸命説明するも、


全然通じない!


何度かジェスチャーも交えて説明したら、


ああ!Steering Wheel Lockね!!」


そうです、ハンドルは和製英語、Steering Wheel と言わないといけないんだった・・・。




IMG_5412_20150915074032ed7.jpg


自動車用語には和製英語が多いんですよね〜。


もう一度覚え直さなきゃ・・・。


間違い易いのは、こんなところかな?


wing mirror, side-view mirror サイドミラー
Rear-view mirror バックミラー 米
Rear-vision mirror バックミラー 英
windshield フロントガラス
license plate ナンバープレート
steering wheel, wheel (省略形) ハンドル
horn クラクション
turn signal, blinker ウインカー
accelerator pedal アクセル
gas pedal アクセル 米
hand brake, parking brake, emergency brake サイドブレーキ
passenger seat 助手席
windshield wiper ワイパー
hood フード、ボンネット 米



まあ、日本語だったとしても、自動車関係の説明がちゃんと出来るかは疑問なんですが!





お友達の車は結局バッテリーも弱ってたそうで、交換になり、ディーラーに持って行って正解でした。


レンタカーが必要になるようなトラブルでなくて良かったです。






ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。



こちらも、ぽちっと。


北アメリカ(海外生活・情報) ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

あるあるあるある、とうなずいてしまいました。

死角、直訳するとdead spotだけど英語ではblind spotとか、、、

No title

ホント、和製英語あるあるですよねw

私がいつも間違えるのはブリンカーです。未だにわたしがウィンカーと言うと旦那はウィンクしてくる、、、。

darariさん

darariさんのように、アメリカ企業でバリキャリの方にもあるあると言って頂いて、ちょっと安心しました。15年以上もアメリカに暮らしていて、まだこんな初歩的ミスをしているのは私くらいかも落ち込んでいました〜。

直訳もよくやります! 夫は優しくて理解してそのままスルーしちゃう事も多いのですが、子供達には良く突っ込まれています。

Kちゃん

お久しぶり〜! 昨日夫のお気に入りの「ポートランディア」を一緒に見ていて、Kちゃんどうしてるかな〜?っと思っていたところだったので、以心伝心かしら?

旦那様、かわいい〜、私もウインクして貰いたい〜。ラブリーでいいなぁ。

うわー

これはかなりやっちゃいそうな間違いですよね。ちょうど今日うまいもの市で栗=マロンを買ったと旦那に伝えたら、は????って感じだったので疑問でしたww

アリーチェさん

まさか英語ではないとは思わず、「なんで通じないの?!」と内心逆切れして、後から理由がわかって、恥ずかし〜いって事が多々あります。

日本の栗、食べたいな〜。こちらでもイタリア産の栗が買えますが、日本の物のように大きな立派な物ではありません。
プロフィール

ぴよ@TX

Author:ぴよ@TX
テキサス州サンアントニオ在住、山村留学に行っていた3男も戻り、家族揃いました。美味しい物さえ食べていれば幸せなお気楽主婦です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めサイト
トリップアドバイザーのお勧めブログに掲載して頂きました。