Wine Club, Prime Prime 2013

夕べは2年に一度のワインクラブのイベント、Prime Primeでした!


私は日本語学校から帰宅と同時に飛んで行って、ワーカーズワインを飲みながら、準備のお手伝い。


IMG_7998.jpg





テーブルセッティング、出来ました!


IMG_8000.jpg


総勢13名、(夫が不参加になったので、数が悪い〜)



IMG_8001.jpg


赤のグラス3客、白のグラス2客、シャンペングラス、お水のグラス、デザートワインのグラスを13人分、いったい何個グラスがあるでしょう・・・?





4時過ぎには、ジーンズからイブニングドレスに速攻で着替えて、


パーティのスタート!


IMG_8029.jpg




着席前にシャンパンで乾杯


IMG_8012.jpg





つまみはデビルドエッグのトリュフ載せに、


IMG_8005.jpg





キャビア!!


IMG_8010.jpg



IMG_8014.jpg




Mother of pearl(あこや貝?)のスプーンで頂きます。


IMG_8009.jpg




一番お高いロシア産のOsetraは公平になるように、ブリニに人数分載せました。


IMG_8017.jpg


osetraちゃん、この小さな瓶、1oz(28g)で150ドルもしたそうです!!


ありがたい、ありがたい〜。拝みながら食べたりして・・・。





キャビアにはクリームフレッシュよね。


IMG_8013.jpg







今回のワイン達


IMG_8008.jpg



IMG_8003.jpg



IMG_7999.jpg



IMG_8060.jpg



IMG_8059.jpg



IMG_8058.jpg



圧巻は、スケアクローの2007、8、9、の3本揃い組!


提供者のロバートさんによると、「オーダーして6年も待たされた」そうです!!


IMG_8016.jpg


下戸の私には、ほんとうにもったない〜。






さあ、着席してディナーのスタートです。


IMG_8049.jpg




本日のメニューはこんな感じ。


IMG_8047.jpg





まずは一皿目、オニオングラタンスープ


IMG_8048.jpg


3種類のオニオンに、2種類のチーズが載っています。


ミルクアレルギーの方がいて、その方はゴートチーズとビーガンチーズで代用でした。






2皿目はプライムプライム恒例の、メイン州から空輸で届いた生きロブスターちゃん


IMG_8002.jpg



IMG_8041.jpg


その日に大物の水揚げがなくて、小さいの4匹になったそうですが、私の目には充分巨大ロブスターでした。





大鍋に投入され、


IMG_8045.jpg




蒸されちゃった!


IMG_8051.jpg



IMG_8056.jpg


良い色ですね〜。




タキシード&スーツ姿で熱々のロブスターと格闘する男性陣


IMG_8064.jpg


お宝映像かも?!




むき身は取り分けられ、


IMG_8068.jpg




うひょー、美味しそう!


IMG_8069.jpg


ぷりっぷりで最高!!




エビアレルギーと、ジューイッシュの方には、マヒマヒでした。


IMG_8067.jpg






3皿目は私担当のシアードツナ


ツナは炙って、薄切りにして、


IMG_8065.jpg




Betsey作のペストヌードルとコラボレーション


IMG_8070.jpg



手作りポン酢ジュレが大好評でした!


オードブルなど、醤油やタレを添えるのはイマイチの時には、このジュレ良いですね!


アメリカンにも好評だとわかったので、これからも活用しよう。





お口直しのシャーベット


IMG_8071.jpg





さあて、いよいよメインですよ!


3回目のプライムプライムにして、やっと入手出来た神戸牛!!


IMG_8053.jpg




見よ!この霜降り!!


IMG_8052.jpg



こんなにあると壮観!!


IMG_8054.jpg


お値段も驚愕の1000ドル近く、一枚が110ドルくらいだそうです・・・。




予算の都合もあり、一人半切れでーす!


IMG_8055.jpg




私作のアコーディオンポテトも添えて


IMG_8073.jpg


「アルマジロポテト」と勝手に改名されていましたが、「どうやって切ったの?!」とみんなに聞かれました。


肝心のステーキ、口の中でとろけるう。


本当に日本で食べていた牛肉のお味で、感動でした。(って、日本でいつも神戸牛食べてた訳じゃないけど、肉の味がアメリカのとは違いました)





小麦アレルギー、ミルクアレルギーの方が居るので、デザートはチーズプレート


IMG_8072.jpg


ロンドンに旅行に行っていたクリスさんが、向こうで仕入れて来てくれました。



ミルクアレルギーの方には、別にゴートチーズを用意しました。


IMG_8078.jpg




チュコレートとペアペーストも添えて


IMG_8075.jpg



IMG_8077.jpg







そして、そして、なんと!!




シャトー ディケム 1997!!




IMG_8018.jpg



この黄金の輝き・・・


−1



ブドウは完熟の物を一粒ずつ職人さんが摘み、不作の年にはディケムの瓶には詰めないという、超こだわりのワイン


「美味しんぼ」で読んだ時から憧れのワインでした。


クリスさん、ありがとーーーー!!






みなさん、ワインクラブに入るくらいなので、無類のワイン好き、


貴重&高額のワイン、私なら「全部自分で飲む!」と思いそうですが、みなさん「みんなと楽しめる機会までとっておいた」というスタンスなんです。


自分の分け前がちょっとになるのに、そう思えるなんて、格好良過ぎます。






ワインや料理もさることながら、毎回の楽しいひととき、クラブに入って本当に良かったです。


夫の単身赴任が決まった時、「2年間は休止する」と伝えたら、「T子だけでも来なさい!送迎はしてあげるから!!」と言われ、英語も苦手なのに、一人でアメリカ人の集まりに参加しないといけないと思うと、嫌々承諾したのですが、夫の陰からの参加ではなく、自分自身として参加して、今ではコアメンバーとして、仕切りにも回る立場になり、すっかり自立出来ました。


いろいろ任せてくれる、会長&副会長に感謝です!!







ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。



こちらも、ぽちっと。


北アメリカ(海外生活・情報) ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

もう目もくらむような豪勢なワインと御馳走が並ぶイベントですね。それにしても、少数のグループながらいろんなアレルギーの方がいるもんですね。うちの会社も、それぞれのパーティーに応じて、頼まれなくてもベジタリアンとシンプルなチキン料理を持っていきます。で、こういったスペシャリティー料理をいつも担当するのが僕です。僕のお出しするベジタリアン料理は、グルテンフリー、デイリーフリー、ナッツフリーを基本に考えています。さて、明日はウィティ美術館で行われる年間行事Game Nightへの仕出し、そして週末はダウンタウンのブリスコ美術館のオープニングセレモニーへの仕出しと、重要なお仕事が目白押しです。体力的にも精神的にも気をつけなくちゃ。

TKGREGさん

料理はともかく、ワインは本当に私にはもったいないイベントでした。

メンバーが担当の素材&ワインを持ち寄るのですが、(持ち寄らない人は参加費を払います)みなさん参加費をはるかに超える物を持ち寄ってくれるので、こんな豪華な会になりました。ご相伴に預かりラッキーです。

人件費がかからないのも良い所ですね。食事の後には食器洗いも待っていますし(笑)

だいたい第3土曜日の夜に月例会があるので、土曜日はお仕事忙しいでしょうが、いつかゲストとしてご一緒出来ると良いですね。
プロフィール

ぴよ@TX

Author:ぴよ@TX
テキサス州サンアントニオ在住、山村留学に行っていた3男も戻り、家族揃いました。美味しい物さえ食べていれば幸せなお気楽主婦です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めサイト
トリップアドバイザーのお勧めブログに掲載して頂きました。