Pig in the blanket

子供達の大好きなピッグ・イン・ザ・ブランケット



IMG_7220.jpg



今回、本当は手を抜いて、コスコの冷凍の箱入りを買おうと思っていたのですが、売っていなかったので、手作りしました。


と言っても、市販の冷蔵クロワッサン生地を使ってるので、手抜きなんですが!






材料はミニソーセージとクロワッサン生地


IMG_7210.jpg



ミニソーセージはチーズ入りなどもあるので、お好みで。


クロワッサン生地は、写真には1本しか写っていませんが、ソーセージ一袋に2本必要です。






生地を包みから出して、一つの三角を更に3等分します。


IMG_7211.jpg




後はソーセージにくるっと巻くだけ。





375℉のオーブンで10〜12分焼いて出来上がり。


IMG_7219.jpg




生地が少しだけ残りますが、チョコチップなどを同じように巻き、一緒に焼いてます。





ソーセージもクロワッサン生地も、結構塩分が強く、実は私はあまり好きじゃないのですが、子供達には大好評で、どこのパーティでも一番に売り切れています。


子供がたくさん来るパーティにはお勧めでーす。







ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。



こちらも、ぽちっと。


北アメリカ(海外生活・情報) ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

これは簡単でいいですね。
中にペストとか塗ったら大人な味にもなりそうだし。
私もつくってみようっと♪

姫ちゃん

ハラペーニョ入りのソーセージなんかで作ったら、姫ちゃんには良いかも。ビールのつまみには合いそうですよね。

ペストを塗るのは思い付きもしませんでした!

No title

以前にコメさせて頂いた、エルパソ出身の夫を持つ岡山在住の主婦です。

今週、夫の家族が住むエルパソ&サンフランシスコ訪問を終え、帰国しました。

アメリカ滞在中も、かかさずブログを拝読していました。

私もコレ↑作りました。
私は気休めで脂肪分控えめのドゥで作ってみました。
確かに大人気でした。

それにしても、アメリカの食品って何であんなに塩分高いものが多いんでしょうね。

これからもブログの更新、楽しみにしています。

kachitaさん

ご旅行、お疲れ様でした。サンアントニオでも遠いと思うのに、エルパソはもう一本乗るんですよね?大変でしたね〜。

アメリカ食品の塩分の高さ、きっと開拓時代の名残のまま、冷蔵になっても、保存のための塩分量が変わってないんじゃないかと思ってしまいます。

ローファット、ノーファットには拘るくせに、減塩はイマイチですよね。それでも最近、コーンなどの缶詰は「no salt added」を見かけるようになりました。

日本に住んでおられるのが羨ましいです!
プロフィール

ぴよ@TX

Author:ぴよ@TX
テキサス州サンアントニオ在住、山村留学に行っていた3男も戻り、家族揃いました。美味しい物さえ食べていれば幸せなお気楽主婦です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めサイト
トリップアドバイザーのお勧めブログに掲載して頂きました。